みなさーん!こんにちは!
崎山明香里(さきやま あかり)です。よろしくお願いします。
11月からPALETTEでのインターンを始めました。

今回は、私の自己紹介をさせていただきます!!

自己紹介

改めまして、崎山明香里(あだ名:あかちゃん)です。
琉球大学の2年生。19歳です。
大学では英文学と言語学を学んでいます。

現在は大学を休学しており、トビタテ!留学JAPANの留学制度を通して、10月はPALETTE SCHOOLの生徒として、11月からはPALETTEのインターンとして、PALETTEに関わらせて頂いております。

私がPALETTEでインターンをする理由

ズバリ一言!
PALETTEのビジョンに共感したから!です。
若者が自分のやりたいことに挑戦できない環境、夢があるのにアプローチする機会さえ自分で生み出せない環境にいる。
諦めざるを得ないという選択肢、それが当事者にとってどれだけ辛いことか。

このような社会を変えるためにPALETTEは活動しているので、ぜひPALETTEの事業に携わらせていただきたい!と思いました。

インターンするに至った経緯

もともと、貧困問題に興味があったんですが、「途上国における貧困」というより、「先進国における子どもの貧困」に特に興味を持っていました。最近、日本でも話題になりましたね。

なぜ、私が先進国の子どもの貧困に興味を持ったのかというと、
・私の地元、沖縄県は子どもの貧困率が全国ワースト1だから
・私自身そんなに裕福な家庭で育ってないから
私自身の経験について、少しお話させてください。
幼少期から、周りの友達が当たり前にしていることが、私だけできなかったり、経済的に大学進学が危うかったり。
常に、社会に対して引け目を感じ、社会と私の間に違和感を持っていました。結構辛い思いしてましたねー。

あっ、急に話が重たくなっちゃって、すいません…。
とにかく、この2つの理由から、先進国の子どもの貧困に興味を持ちました。

そして、「何かできないかなー?」と支援策を考えている時に、見つけたのがPALETTEでした。

「あれ?途上国と先進国では貧困の定義違うのに、抱えている苦しさや夢に対する思いが一緒だ!」
「なになに~!? めっちゃ興味そそられる~!これは、PALETTEでインターンするしかない!支援方法を色んな角度から考えることができるかも!」

ウェブページを見つけ、勝手に運命的な出会いだと直感し、現在インターンとして働かせてもらっています。

実際にインターンしてみて、自分の未熟さに気づく日々ですが、私の持っている力を出し切るくらい、全力で全力で全力でPALETTEの一員として、頑張ります!

また、優しくて温かいPALETTEスタッフに囲まれながら、苦手な自己開示にも挑戦してみます(^○^)/。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
7つのしくじりから学ぶ!海外インターンで英語力を最大限伸ばす方法
【真のグローバル人材とは何かについて考えてみた】~現地顔のインターン生が出した5つの答え~
【酒蔵から世界へ!】醸造娘(19歳)、海外インターンはじめました。
【CAREER FIESTAの裏側】 ~現地で現地顔の日本人がお祭りを開いた結果~
留学×海外インターン募集中
フィリピン留学×インターンシッププログラム
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン