こんにちは、西村です。

 

先日、生徒様のご親族から「もっと、生徒とコミュニケーションをとって下さい」とのご要望メールをいただきました。そもそも、コミュニケーションをとることが苦手ですが、頑張っていこうと思います。

 

 

 

前回の記事では、個人的な失敗談を掲載しました。

お伝えしたかったことは、”現状の英語力なんか気にしてないで、とりあえず留学してみよう”。なぜなら、”英語力0の日本語コミュ障人間でもできたんだから”ということです。

 

どこにでも転がっていそうな、僕のアドバイスに励まされた人がいる、という仮説を勝手に立てて、今回の記事を書き始めたいと思います。

 

「こんな英語力でも留学に行ってもいいんだ!」と、留学への決意を固めた方へ。

 

ちょっと待って下さい。

皆さんの留学をより良いものにするために、3つだけアドバイスをさせて下さい。

 

目標を設定しよう

 

「とりあえず、留学じゃねぇ?」

「留学いっときゃ、新しい世界に出会えるくねぇ?」

「英語話せるとかマジでヤバいんだけどぉー。」

 

ダメです。いけません。絶対に避けるべきです。

 

こうなってしまいます。

だれる西村

自然が沢山ありますからね。

 

もしくはこうなってしまいます。

やっふい!

リゾートですからね。

 

「留学をすること」自体に価値があるわけではありません。

あなたが、留学という経験を通じて、どのような価値を生み出すかが大切です。

 

「フィリピン留学」が有名になり、多くの日本人や非ネイティブ圏で生活している人達に英語学習の新たなチャンスを作ったと思います。

 

その大きな要因は、「低価格であること」です。

しかし、それは欧米留学と比較した場合という前提に立った、相対的なものです。

僕は、10万円程度の費用を捻出するのは、大変なことだと思います。だからこそ、たとえ1ヶ月であっても、主体的に自分だけの価値を生み出していただきたいと思っています。

 

因みに、PALETTE SCHOOLでは、ビジョンシートの作成を通じて明確な目標設定をしていただく機会があります。

ビジョンシート

「目標設定?・・・・英語が話せるようになること?」という方、PALETTE SCHOOLをチェックしてみて下さい。

 

 

できる限り細かく計画を立てよう

 

「目標ができた!頑張るぞ!」

 

しかし、無策ではいけません。

留学当時の僕のように、テストの点数が下がり、友達に笑われ、唇を噛み締めることになります。

唇を噛みしめる!

 

留学は時間との勝負です。限られた時間の中で、いかに理想の自分に近づけるのか。

 

もちろん、集中できる自習室があったり、寮が個室だったり、という学校の設備面が充実していることも大切な要素だと思います。

 

ですが、最も大切なのは、効率的な英語学習の計画を立てることではないでしょうか。

ただし、実際に計画を立てようと思うと中々うまくいかないことも多いかと思います。

そんなときは、留学経験のある日本人スタッフや、第二言語として英語を学んできたフィリピン人教師に相談することが1番だと思います。

 

因みに、PALETTE SCHOOLでは、日本人スタッフが生徒様とカウンセリングを実施したり、

カウンセリング

 

生徒様からのフィードバックを元にした、教師とのミーティングを持つことなど、

ミーティング

生徒様の英語学習をより最適化するための取り組みを行っています。

 

「負けられない留学が、私にはある」という方、PALETTE SCHOOLはあなたと共に勝ちにいきます。

 

学校だけが学び舎ではない。

 

「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」
とある刑事ドラマのすごく有名なセリフです。

 

「英語力は教室だけで伸びるんじゃない、現場でもっと伸びるんだ!」

 

とある語学学校の経営者がつぶやいた、とくに有名ではないセリフです。

PALETTEでは、こんな青臭いドラマが日々繰り返されています。

 

日々、同じ教師と授業を続けていると、意思疎通ができるようになってきます。

もちろん、メリットはありますが、教師が生徒様の意思を汲み取り過ぎてしまうことがあります。そのため、こちらの発音や文法のミスを犯してしまっていても、それに気付かないケースもあります。

 

学校で基礎を身につけたなら、あとはどんどん外で試してみるのも、英語学習には効果的だと思います。

 

間違ってしまって、恥ずかしい。

 

話せなくて、悔しかった。

 

そんな想いが、あなたの英語力を成長させてくれるはずです。

 

そういえば、

 

PALETTE SCHOOLでは、貧困地区へのスタディーツアーや、現地の大学生との交流を通じて、学外で英語を使うためのアクティビティを不定期に開催しています。

10492200_593238267464928_2023124365116891203_n

僕のように内気な方、PALETTE SCHOOLはあなたの味方です。

 

さて、今回の記事では、留学前、留学中に気をつけてもらいたいことを記載しました。所々、PALETTE SCHOOLの宣伝が入ってしまい、申し訳ありませんでした。

関連記事
【プロが教える】留学に持っていくべき「オススメ単語帳」3選
英語読めても話せない人必見!1日30分のスピーキング勉強法5選
大学生必見!初心者におすすめの国際ボランティア3選
TOEICで塗り絵しない!100点あがるタイムマネジメント
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン