こんにちは、西村知晃です。

 

いよいよ、フィリピン留学のピークシーズンがやってきます!

今シーズン、PALETTE SCHOOLにも、多くの生徒様にご留学いただくことになっています。

すごく楽しみです!

コミュ障の僕も、新しい生徒様と交流するべく、今から心の準備運動をしています。

 

でも、そんなコミュ障の僕にとって、いつまで経っても苦手な業務があります。

それは、新しい生徒様を空港でピックアップすること。スタッフとして、暖かく生徒様をお迎えしなければならないのですが、初対面なので上手く話せません。

 

しかも、マニラの空港って不便だし、ちょっと物騒だし。すごい、疲れる…。

 

そこで、今回の記事では、フィリピンに到着後、最初の難関である“ニノイ・アキノ国際空港”についてご紹介したいと思います。

PALETTE SCHOOLだけではなく、ほとんどの語学学校が空港まで生徒様をお迎えに行くサービスを導入しているので、留学先の学校スタッフと合流してしまえば、ひと安心!!多分、他校のスタッフはコミュ障じゃないし。

 

「いや、ちょっと待てよ。ピックアップまでが不安なんだろうが!何にも知らない空港で独りぼっちだぜ?!」と思われている方のために、空港に到着してから役に立つ情報をまとめてご紹介します!

 

 

1.マニラ空港の正式名称

 

マニラ空港の正式名称は、“ニノイ・アキノ国際空港(略:NAIA(ナイア))”です。

みんな、「マニラエアポート」ではなく、略称で「ナイア」と呼んでいます。

市街地から空港に向かうバスの行き先ボードにも“NAIA”と書いてありますし、タクシーでも「ナイアのターミナル○」と伝えるのが一般的。覚えておくと便利ですよ!!

 

空港の名称である「ニノイ・アキノ」とは、フィリピンの民主化を主導した英雄の名前。

そして、彼の息子が、先月までフィリピンの大統領だった、ペグノ・アキノ氏です。

 

 

なぜ、空港の名称になったのかというと…

 

 

ニノイ・アキノ氏が、この空港で暗殺されてしまったからです。

 

ニノイアキノ

 

彼は、フィリピンの民主化を進めるため、亡命先から帰国した途端に、射殺されてしまいました。

 

当時のマルコス大統領から命を狙われ、帰国すれば殺されると分かっていながらも、フィリピン国民のために帰国した直後の出来事でした。

結局、彼の死によって、フィリピンでは革命が起き、マルコス政権が倒されました。

 

 

「ここで歴史が動いたのか」と思うと、考えさせられるものがありますね。

 

 

2.ターミナルは別々のところに…。各ターミナルの位置

 

NAIAには、ターミナル1から4まであります。

でも、日本の空港とは違って、各ターミナルが別々の場所にあって、不便です。

自分の飛行機がどこのターミナルに到着するのか、どこのターミナルから出発するのか、必ず事前にチェックしておきましょう!

 

それぞれの位置関係は、下の図のようになっています!

ターミナル位置関係図

 

因みに、各ターミナル間の移動は、専用のバスが走っています。

でも、とても時間にルーズ。

 

「乗り換えまで時間ないのにー!」という方は、タクシーを利用されることをお勧めします。

※タクシーの乗り方については、次の項目で説明していますので、ぜひご一読ください。

 

 

3.各ターミナルの紹介!ターミナルマスターへの道。

 

ここでは各ターミナルのご紹介をしておきます!

 

ターミナル1

ターミナル1 arrival

terminal1 dep

 

ジェットスターで、日本からマニラに到着、マニラから日本に出国する場合は、このターミナルですね。

最近、改装工事が完了して、出国の場合、待ち時間をカフェでゆっくり過ごせるようになりました。でも、喫煙室は、何か食べ物か飲み物を購入しないと入れない。しかも、商品が高い!

昔、掃除係の人から「タバコ吸うところ探してるの?」って聞かれて、ほいほい付いて行ったら、倉庫みたいなところに連れ込まれた挙句、タバコの見返りとして、金銭を要求されました。

絶対に、付いて行っちゃ、ダメですよ。すげー嫌な気分になりますから。

 

入国の場合、すげー分かりづらいんですよね。一旦、ターミナルの建物から出て、そのまま真っ直ぐ進んでください。

左右に分かれている通路があって(結局出るところは一緒なのに。)、そこがピックアップの待合エリアになっています。

 

メータータクシーを利用して市街地に出る場合は、出口を出ないで、2Fに上がってください。荷物を受け取り終えて、出口に進むときに、右手側にひっそりと1台のエレベーターがあります。

「えっ?これ従業員用なんじゃないの?」って思わせるエレベーターですが、一般客でも利用可能です。

 

ターミナル2

terminal2 arrival

terminal2 dep

 

フィリピンのナショナルフラッグPALこと、フィリピンエアラインの国際線発着ターミナルです。

PALには注意が必要。別名、フィリピンエアラインオールウェイズ・レイトでPALと呼ばれるくらい、いつも遅延が発生しています。

荷物を受け取ったら、出口から外に出ましょう。外に出て、右手側にピックアップする人の待合スペースがあります。

メータータクシーを利用して市街地に出る場合は、同じく出口を出て、2Fに向かってください。

また、1Fの外にファーストフード店やカフェがあります。

 

ターミナル3

terminal3 lev1 terminal3 lev2 terminal3 lev3 terminal3 lev4

 

個人的には、ここが推しターミナル。3Fには、レストランやカフェ、お土産ショップが沢山ありますからね。

チケット発行手続きが終わったら、迷わず、3FにGOしてください。税関を通っちゃうと、何かやたらと不便です。

でも、ものすごい搭乗口が遠い!!「どんだけ歩かせるの?」ってくらい、端っこに日本に向かう時の搭乗口が用意されています。時間に余裕を持って、税関を通過しましょうね!

このターミナルが、セブ・パシフィックの国際線や国内線のメインターミナルなんですけど、セブ・パシフィックは搭乗手続きがものすごい時間かかる!(政府からも1回、是正勧告が出たらしい。)ちゃんとしてよ!と叫びたくなりますので、時間に余裕を持って空港に到着しましょうね!

到着してから、メータータクシーを使って、市街地まで出る場合は、2Fに上がって、一番右手にある出口から出ると便利ですよ!

 

ターミナル4

terminal4

ターミナルMAP参照元: MANILA INTERNATIONAL AIRPORT Authority (http://125.60.203.88/miaa/)

ものすごーく、存在感が薄いですね。このターミナル。すげー小さい。おそらく、あんまり使うことないと思います。

 

また、どこのターミナルでも無料のWi-Fiが使用可能です!

以下に、接続方法を載せているので、参考にしてみてください!

Naia free wifi

 

 

4.空港で注意したいポイント7つ!

 

実は、NAIAは世界の空港ランキングの中で、ワースト1位。つまり最もダメな空港に選ばれてしまいました。

その1つの要因として、安全が確保されていないということが挙げられています。

そこで、初めてフィリピンに来る方に、空港で注意していただきたいポイントをご紹介します!

 

①ぼったくりタクシーに注意!!

おそらく、ほとんどの語学学校が生徒様の安全を確保するため、ピックアップを手配していると思います。

でも、万が一、自力で空港から市街地まで行くなければならないケースのために、タクシーについてご紹介。もちろん、公共交通機関を使用しても市街地まで行けますが、大きな荷物を持って空港の外に出ることはお勧めできません。

 

空港には、2種類のタクシーがあります。「エアポートタクシー」と「普通のメータータクシー」です。

「お金はいくらかかってもいいから、安全に必ず目的地まで行ってくれ!」という場合は、エアポートタクシーをお勧めします。黄色い車体ですね。本当に、相場と比べれば、めっちゃ高いですけど。

 

「うーん、一か八か。お金はそんなにないし。」という場合は、普通のメータータクシーを使いましょう。ターミナル1〜3のいずれも、空港の出国ゲート周辺(空港2Fです。入国時は、いずれのターミナルでも、空港の1Fに出てくるので、2Fに上がってから、空港のゲートを出ましょう。)に、タクシーレーンがあります。最近は、タクシーの管理ができているのか、あまりぼったくるタクシー運転手はいないような気もしますが、あくまで個人の見解です。必ず、「メーター使ってくれる?」と聞きましょう!!

 

そして、「おいらの車に乗らないかい?」と、声をかけてくる個人の運転手もいますが、乗らないでくださいね。

特に、ちょっとだけ日本語を話せる人には注意!確かに異国の地で日本語を話せる外人は頼もしく見えますが、「ちょっとだけ日本語が話せて、馴れ馴れしい外国人に良いやついない説」が有力です。

 

②カバンに注意!!

政府も注意を促していますが、空港内でカバンに銃弾を入れられるという事件が発生していました。

空港に来た旅行客のバッグに銃弾を忍ばせ、それを見つけて脅すという自作自演の強盗が起きています。

空港内に限ったことではありませんが、必ず自分の目の届くところに、カバンはキープして下さい。もしくは、ダイヤル式の鍵などをカバンのファスナーに付けておくこともお勧めです!

 

③貴重品は、機内持ち込み用のカバンに入れること!!

貴重品を入れたカバンを空港の搭乗手続き時に渡してはダメです。必ず、機内に持ち込みましょう。特にスマホ。

これは、本当に注意して下さいね。なぜか?僕も被害者の一人だからです。日本に着いた瞬間にスマホがない寂しさったら、言葉にできません。

余りにも荷物の盗難が多いので、政府から厳重注意が出されました。

もうちょっと早く注意してくれたら、僕のスマホは守れたかもしれません…。

 

④お金を貸してくれないか?と言ってくる人に注意!!

以前に、空港で「全財産を盗まれたからお金を貸して欲しい!すぐに連絡して、返済するから。」と、お願いしてくる外国人がいるというニュースがありました。結局は、詐欺師でお金が返ってくることはないそうです。

確かに、本当にお金に困っているケースもあるかもしれませんが、貸すのであれば、あくまで自己責任です。海外にいると、突然の不運に見舞われている人を見ると、ほっとけない気もするのですが…。

 

⑤空港周辺は大渋滞!時間に余裕を持った行動を!!

NAIA周辺は、いつでもものすごく渋滞しています!これ、本当に危険だからやめてほしい…。

僕が渋滞で遅刻したことはないのですが、僕が乗る飛行機の機長が渋滞で遅刻して、飛行機が遅れたことはあります。

空港までの移動には、時間に余裕を持って行動しましょう。

 

⑥遅延が当たり前の国内線

本当に、フィリピンの飛行機は時間を守りません。フィリピンは島国であり、国内線も多く飛んでいるので、「よく変な事故が起きないよな」と感心するくらいに遅れます。そして、時々、出発時間が早まります。

こればっかりは、なんともコントロールしがたいので、ちゃんと時間通りに空港に到着して、あとは祈ることしかできません。

 

⑦入国カードは機内で記入すること!

海外からフィリピンに入国する場合、入国カードと健康状態を記入する用紙、もう1枚入国カードの簡易版みたいな用紙を渡されます。到着してから記入するのはめんどくさいので、必ず機内で記入できるように、機内にボールペンを1本持ち込んでおくと便利ですよ!

 

残念ですが、到着後すぐの海外旅行者は空港周辺におけるトラブルの標的になりやすいと思います。

空港に到着したら、日本ではなく、そこはフィリピンです。

到着したばかりで、慣れない環境に戸惑うかもしれませんが、注意して行動して下さいね。

 

 

語学留学で来られた方は、何か不安なことがあったら、すぐに学校まで問い合わせをしましょう!そして、必ずピックアップ場所を事前に確認しておきましょうね!

関連記事
フィリピン留学3ヶ月の費用は?最安で行く5つの方法も公開!
フィリピン留学する時期でオススメはいつ?5つの目的別に紹介
フィリピン留学で迷ったら!語学学校スタッフがお勧めする語学学校4選
【2019年版】フィリピン留学の格安航空券購入方法
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン