こんにちは!

 

PALETTEでインターンをしている籾山です!

 

「え!フィリピン?!治安は大丈夫?!」「危なくない?!」

フィリピン留学を決めたとき、一番に心配された事が「フィリピンの治安」です。

 

「スリの被害にあった」、「空港でだまされてお金を取られた」

私の周りにもフィリピンで危ない目に遭った!という人ばかり。

夜の街

そこで!

今回は私と同じようにフィリピン旅行、留学を考えているけど治安が心配……

という方に向けて、

 

「フィリピンの治安は実際どうなの?!どう対策すればいいの?!」

 

というテーマで今回は記事を書いていきます(^o^)

 

 

??フィリピンの治安事情??

 

 フィリピンは結局危ないの?どうなの? 

フィリピンマーケット

結論:危ない!とも危なくない!とも言える

 

もちろん平和な日本と比べれば、危ない事は間違いありません。

日本人は金持ちという印象を持たれており、犯罪のターゲットになりやすいのは事実。

 

一方、これはフィリピンに限らず、他の多くの国でも同じことが言えます。

だからすぐに

フィリピン=危険!!

と決めつけることはできないな、とフィリピンで過ごして私が感じていることです。

 

 知っておきたい犯罪手口 

 

では、どのような犯罪が起きているのでしょうか?

ここで、実際に起きた犯罪の例をいくつか挙げていきます。

 

・睡眠薬強盗

睡眠薬強盗

「おいしいレストランを教えるよ」と近くの店に連れて行き、料理に睡眠薬を入れる。

睡眠薬の入った飲み物を勧める。などの方法で眠らせ、その間に金品を奪う。

 

・トランプ詐欺

トランプ詐欺

「家族がもうすぐ日本に行くからいろいろ教えてほしい」と誘われ、家に行くことに。

「トランプ賭博をしよう」と言われるがままゲームがスタート。

 

始めはわざと負けることで、ゲームを続けさせ、最後に再逆転をされ、

お金やクレジットカードなどの金品を奪う。

 

・強盗、ひったくり、置き引き

ひったくり

鞄から貴重品を盗む。目を離したすきに荷物を持っていく。

観光地などの人が多く集まる場所で被害が多い。

ひったくり!!

 

・ぼったくり

ぼったくり

日本人=お金持ちというイメージから、タクシーに乗車、買い物の際にあり得ない額を請求される。

円をペソに両替する際、レートよりも明らかに少ない額のペソしか渡さないといった詐欺も。

 

 

 

??被害に遭わないためには??

 

では、どうすれば被害を防ぐことができるのでしょうか?

ここで、私が普段から注意して行っている対策を紹介していきます!

ぴーすふる!

 

 服装編 

・お気に入り、高級なものは持っていかない!身に付けない!

丸と罰

特に観光地や人が多い場所にいく時は、

Tシャツとズボンというようなカジュアルな服装で、荷物、お金は出来るだけ少なく!

 

とはいっても、毎日カジュアルな服装では飽きちゃうよ!

そんな方はフィリピンで買う!フィリピンではかわいい物を安く買うことが出来ます。

そして、それを着ることで現地に馴染みやすい!ということで、現地で買うのも良い方法の1つです!!(^o^)

 

・鞄は前に持つ!ポケットには何もいれない!

かばんは前!

ある休日のマニラのマーケット。

ふと気づくと、子どもが私の鞄を開け、何か取ろうとしていました。

その時は荷物を前に持ち、チャック部分にフックをつけていたため何も取られることはありませんでした。

 

マーケットや観光地のような人であふれている場所では、鞄は前に!

ポケットに物は入れない!例え子どもでも、スリのプロ!ということを忘れないようにしましょう。

 

 

 乗り物編 

トライシクル

・タクシーはあらかじめ行き先を伝え、値段を聞く!

 

タクシーは乗る前に必ず行き先を伝え、値段を聞きましょう。

メーターが無いタクシーには乗らないように!非公式の場合があります。

相場を知っておくことも大切です。

少し高くても安全なほうがいい!という方は初乗り約70ペソの「黄色い」タクシーに。

いや、安いのが一番だ!!という方は気を付けて約40ペソの「白い」タクシーにお乗りください(^o^)

 

ちなみに、大きいお金は崩しておくのがオススメです。

「おつりは無い。」と強気に言われることが多々あります。

 

・電車、ジプニーでは荷物に注意!

 

特に電車は時間帯によってかなり混みます。そのため、盗難が非常に多いと言われています。

電車、ジプニーに乗る時は荷物をしっかり持つようにしています。

 

・馬車は高い!

馬!

マニラには馬車が多く走っています。

私も初めて馬車を見て乗りたい!と思ってしまいました。

しかし!馬車は観光客をターゲットにしているため、100%高い!

 

 

 その他 

・話しかけてくる人には要注意

フィリピンの街

向こうから積極的に(特に日本語で)話しかけてくる人には警戒心を持つ、間違ってもついていかないようにしましょう。

それさえ守れば、少なくとも睡眠薬強盗、トランプ詐欺は避けることができます。

 

・夜遅くは出歩かない

夜は出歩かない!

当たり前の事かもしれませんが、夜遅くには出歩かないようにしています。

フィリピンではだいたい18時頃には暗くなり始めます。

公共交通機関も早く終わることもあります。

何時まで動いているのかあらかじめ確認しおきましょう。

 

 

☆まとめ☆

 

フィリピンは日本に比べれば治安が悪いことはもちろん。

しかし、ある程度は未然に防ぐことも可能です。

 

私が感じるのはむしろ、多くのフィリピン人はホスピタリティであふれているということ。

ジプニーで降りる場所がわからないときは「着いたよ!」と教えてくれました。

 

子どもが私の気が付かない間にお金を盗もうとしていた時は注意をして、私を守ってくれました。

他にもたくさんの場面で助けられながら生活をしています。

フィリピン人女性と

みなさんも最低限のことに注意していれば、フィリピンでの生活が安全に楽しくなること間違いなしっ!!

この記事がこれからフィリピンに行ってみたいという方の、お役に立てれば幸いです\(^o^)/

関連記事
【サリサリストア?】PALETTE流!フィリピン、ローカルライフの楽しみ方
フィリピン留学しくじり10パターンから学ぶ英語上達法
【留学女子必見】女子大生も8キロ太った?!フィリピンの食生活まとめ
フィリピンで文筋両道??男の意志は動かざること山の如し!
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン