こんにちは、フィリピンの語学学校PALETTE SCHOOLでインターンをしているの太田です。

 

「海外インターンをして、どんなメリット・デメリットがあるの?」

「海外インターンって就活には有利になるの?」

 

海外インターンを迷っている人の中には、このような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。


僕自身、現在大学4年生を休学して、フィリピンで海外インターン中なのですが、ここに来る前は同じような悩みを抱えていました。

 

そこで今回、海外インターンと就活に関する悩みを解消するため、

 

海外インターンの経験を就活に効果的に役立てた3人の先輩たちにインタビューさせてもらいました。

 

そこから海外インターンの就活における、メリット・デメリットを徹底的に出してみました。

 

また、就活から人間的成長にも焦点を広げて、自己成長における海外インターンのメリットとデメリットも教えてもらいました。

 

回答してくださった先輩たち

磯部さん

海外インターン時期:
3年生終わり〜1年 (休学)

 

インターン内容と期間:
カナダ・タイ・フィリピンのNGOで1年間海外インターン。各国のホームレス、山岳民族、スラムの若者などの支援に幅広く支援に携わる。

フィリピンでは、貧困家庭の若者300人を集客し、職業体験やスピーチコンテストなどを開催。

 

内定先

国際NGO1社、 教育系大手2社、広告大手1社 、人材コンサルベンチャー1社

 

水田なつみ水田さん

海外インターン期間
4年生終わり~1年間 (休学)

 

インターン内容:


アメリカとフィリピンのWEBマーケティングの企業で、合計1年間インターン。

企業ブログ記事の執筆、広告、SNS、動画などでマーケティングの補助を行う。

月間1000PVを超える記事を執筆し、企業の集客に大きく貢献。

 

内定先:

IT系大手1社、自動車大手1社

 

青木よりたか青木さん

海外インターン期間:

2年生終わり~1年間

インターン内容:
フィリピンの企業や語学学校でインターン。サービス開発やカスタマーサポートに関わる。

夏祭りイベントへの参加や、顧客の満足度向上に向けた企画を多数実施。

 

内定先:

バイオベンチャー1社、Fintechベンチャー1社、開発コンサルタント大手2社、
専業プラントエンジニアリング大手1社

 

実際に海外インターンをして、その経験を就活に活かした先輩たちの意見を参考に海外インターンをするのかどうか、

ぜひ選択してみてください!

 

 

就活における海外インターンのメリット

 

先輩たちのインタビューを通じて分かった、海外インターンの就活におけるメリットを3つに分けてみました!

 

メリット1. 多様な環境ではたらける

 

刺激と変化に溢れる多様な環境で働くことを通じてより主体的に行動できることが、

 

海外インターンの就活に役立つメリットだと先輩たちは回答してくれました。

 

磯部和弥

磯部さん

「自由度が高く能動的に働くことのできる海外インターンでは、

 

挑戦→失敗→反省して次のステップへと繋げるプロセスを働く中で学べます。

 

私はそこから就活において重要視される主体性を身につけることができたと思います。」

 

水田夏実

水田さん

「国際色の強い職場で働く中で、自分の意見をしっかりと発言することの重要性に気づきました。

 

日本とは違い、自らはっきりと主張しないと流されてしまうことが多かったので、積極的に自分のしたいことや思っていることを発信しました。

 

またそれを習慣にできたことは、就活の面接での積極的な発言に繋がり面接官の方から評価していただけました。」

 

海外インターンでは、アウトプットが非常に重要です。

 

なので日々の業務を通じて主体性を身につけれることが、就活で役立つ大きなメリットです。

また、自分の力を試すいい機会でもあります。

メリット2. 挑戦的な業務とその成果を話せる

 

国内インターンにはない自由度が高く挑戦的な業務を経験でき、そこから得られるスキルや具体的な成果があることも

 

就活における海外インターンのメリットとして先輩たちは答えてくれています。

磯部和弥

磯部さん

「インターン先で自身が立ち上げた、フィリピンの貧しい若者を対象とした教育や就労の支援プロジェクトのマネージャーを務めさせてもらい、総勢300名の現地関係者を集め、また数十名の若者のキャリア支援に成功しました。

 

また、このエピソードを面接で話した際に、面接官の方の反応は良く、

 

具体的な結果がある話を持っていたことで就活を有利に進められました。

 

あおきよりたか

青木さん

「語学学校で働いていた際に、企業が開催する夏祭りのイベントで店を構え、生徒さんや先生とも協力し、乗り切ることができました。

 

そこから得られた団結力や協調性の重要性を面接の際に話せるエピソードとして使うことができ、面接官の方に興味を持っていただけました。」

水田夏実

水田さん

「働いていた語学学校の先生たちとWebページ用の動画コンテンツを制作して、SNSやブログを通じ多くの人に見てもらえました。

 

また、制作するにあたり、Webマーケティングの楽しさや難しさを知り、

 

自分の進みたい職種を見つけることができました。

 

海外インターンは長期にわたることが多いので、その分国内インターンでは経験できない難しい業務やプロジェクトの立ち上げに携われる機会が多いことがメリットの1つです。

 

また、そこでの成果や得たスキルなどは就活を進めるうえでの強みにもなり、自分のやりたいことを発見するチャンスにもなります。

 

メリット3.語学力が向上する

 

海外で長期的に生活し働くにあたり、語学力の向上が見込めることも海外インターンの魅力的なメリットと先輩たちは答えてくれました。

 

ある程度の語学力を有していることは、就活を進めるうえで自分とほかの就活生を差別化できる一つの強みになるそうです。

 

あおきよりたか

青木さん

「インターンを行いながら、並行して語学学校にも通ったため、海外インターン前にはTOEIC400点前後であった英語力が、

インターン後には800点後半を獲得する程に進歩しました。

 

ESのTOEICの欄にも記入することができました。」

 

水田夏実

水田さん

「語学力は働く中で自然と伸びました、慣れた状況でのリスニングやスピーキングは特に。

 

ただ日常会話に困らないレベルは、海外インターンを始める前にはあったほうがいいです。

 

海外インターンで伸びる語学力は基礎があってからこそのものだと思います。」

 

就活におけるメリットまとめ

・多様な環境の中で働くことを通じて就活で重要視される、主体性を身につけることができる


・挑戦的な業務をしやすいため就活に役立つスキルや具体的な成果が得られる

 

・語学力の向上させ、他の就活生との差別化が図れる

 

就活における海外インターンのデメリット

 

ここまで海外インターンの就活におけるメリットを書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

2つに分けてみたので、こちらもぜひ検討材料にしてください。

 

デメリット1.目的と内容が不明確な際のリスク

 

自分がどうして海外インターンをするのか、また何をするのかが曖昧であることのリスクをデメリットとして、挙げてくれました。

 

海外インターンをした目的と内容が曖昧なままその経験を就活で語っても役に立たないどころか、

 

ただ無駄な時間を過ごしていると判断されるかもしれません。

水田夏実

水田さん

「自分が何のために海外インターンをするのかという目的が不明確だったら、ただただ時間を浪費するだけで、あまり実りのあるものにはならないと思います。

 

海外インターンに行くだけなら誰でもできます。

 

自分が何を狙って海外インターンに行くのかという目的とどのような業務をするのかという内容はしっかりと自分で把握しておくべきです。」

 

磯部和弥

磯部さん

「国内インターンと比べて、海外インターンは事前情報が少なくなりがちなので、

 

想定していた業務と実際に行うものの内容にギャップがあり、

 

やるせなさを感じたことがあります。」

 

デメリット2.まとまった時間が必要になる

 

長期間になりやすい海外インターンでは、まとまった時間が必要なことがデメリットにもなり得るでしょう。

 

海外で長期間暮らすために、就活の準備期間が人より少なくなったり、就活自体を遅らせてしまうことになりかねません。

 

磯部和弥

磯部さん

「自分の場合だと、就職活動の直前まで海外インターンを行っていたので、国内インターンや企業説明会などに行く機会があまりなかったです。

なので周りの就活生と比べて、

 

職種や企業に関する情報量が少ないまま、就活を始めてしまったことがデメリットに感じました。」

 

就活におけるデメリットまとめ

・目的と内容が不明確な際に時間を浪費してしまうかもしれない

 

・まとまった時間が必要になるため、就活時期に影響してしまうかもしれない

 

 

海外インターンって就活に有利になるの?

 

ここでは海外インターンと就職活動を経験した先輩たちに、

 

実際のところ海外インターンの経験は就活に有利になるのか

またどうすれば有利になるのかを聞いてみました。

 

磯部和弥

磯部さん

「本当に当人次第!

 

障壁にぶち当たり、それを乗り越え、そこから学べた経験を得られたかどうかが本当にカギになります。

 

また、その経験の裏付けとなるもの(自分の場合だと、若者の就労支援インターンでの成果やTOIECのスコア)があるとより説得力があり、評価してもらえます。」

 

あおきよりたか

青木さん

「面接の際に海外インターンについての興味を持っていただけ、目標を設定し、達成したストーリーを話すことで、自分の物事に対する一貫性を評価してもらうことができました。

 

何か自分が海外インターンで得たもの、達成したことの話を持っていると強みになると思います。」

 

水田夏実

水田さん

「メリットにもなりやすいけど、デメリットにもなります。

 

インターンが終わった後のなりたい自分を想像することが成功する秘訣だと思います。

 

また面接の際に、海外経験の内容次第で物事に対する柔軟性やチャレンジ精神があるという印象を持ってもらえるでしょう。」

 

今自分に力がないけど海外インターンに挑戦して就活を成功させたい人には、【文系スキル0からの脱却】フィリピン留学×海外インターンがおすすめです。

 

フィリピン留学_海外インターン

 

自己成長における海外インターンのメリット

 

今までは就活における海外インターンにスポットを当ててきましたが、ここからはもう少し視野を広げてみます。

 

そこで自身が人間的に成長するうえで、海外インターンが及ぼすメリットについてうかがってみました!

 

就活から自分の人生に焦点を広げることで、海外インターンの価値もまた変化し、

 

就活だけを考えている時には見えなかったメリットに気づけるかと思います。

 

海外インターンの経験からの自信

 

多様な海外インターンの経験を通じ、海外インターンに行く前と後を比べて、

 

先輩たちは精神的にタフになったと感じ、 自信に繋がったと回答してくれました。

 

あおきよりたか

青木さん

「新たな発見に溢れる環境で長期的に生活し働くことを通じ、

 

サバイバル精神が身につき、

 

日本にいるときでも日々を大切にし、向上心を持って行動しようと思えるようになりました。」

 

磯部和弥

磯部さん

自分で一から責任のあるプロジェクトを立ち上げて、障壁にぶつかりつつも、遂行したことで、

 

企画を立ち上げる不安や挑戦することに恐れはなくなりました。

 

また、達成感から自信が身につきました。」

 

交流関係の幅の広がり

 

海外インターンをすることで普段大学では出会えない人たちと繋がれるというメリットもあります。

 

あおきよりたか

青木さん

「プライベートでも現地の方々と交流でき、普通に日本で生活するだけでは知り合えない優秀な人たちとも関われたことは、

 

自分の市場価値の低さを認識でき、それを高めようと考えることに繋がりました。」

 

自己成長におけるメリットまとめ

・海外インターンの経験から自信を身につけることができる

 

・海外インターンを通じて普段の生活では出会えない人たちと知り合え、交流関係の幅が広がる

 

また、自身が人間的に成長するうえでのデメリットも数点教えてもらいました。

 

精神的なショック

海外の文化の違いから精神的にショックを受けることがあることが、自己成長するうえで海外インターンがもたらすデメリットでしょう。

 

外的トラブル

日本とは異なる環境で生活することで生じる、外的トラブルも自己成長過程でデメリットになりえます。

 

先輩たちからのメッセージ

 

最後に、海外インターンを経験した先輩たちからメッセージを頂いたので、紹介します。

 

今後の活動にぜひお役立て下さい!

 

磯部和弥

磯部さん

「海外インターン経験が就活に活きるかは内容次第!

就活だけを考えて海外インターンを考えるというより、

 

自分のやりたいこと、興味のあること、人生を通じて自分にもたらす影響を考えて、判断して下さい。」

 

あおきよりたか

青木さん

「もし海外インターンに興味があってどうしようか悩んでいるなら、

ぜひ前向きに考えてみて下さい。

 

海外インターンに行ったからこそ得られる経験や価値観は今後のあなたの人生にプラスに働くはずです。」

 

水田夏実

水田さん

「私自身、海外インターンを通じて、いろんなことを経験して、学ぶことができました、

迷っているならおすすめします!

 

まとめ

 

就活におけるまとめ

・多様な環境の中で働くことを通じて就活で重要視される、主体性を身につけることができる


・挑戦的な業務をしやすいため就活に役立つスキルや具体的な成果が得られる

 

・語学力の向上させ、他の就活生との差別化が図れる

 

就活におけるデメリットまとめ

・目的と内容が不明確な際に時間を浪費してしまうかもしれない

 

・まとまった時間が必要になるため、就活時期に影響してしまうかもしれない

 

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は就活にける海外インターンのメリット・デメリットを紹介しました。

 

海外インターンに行くかどうか、検討材料になりましたか?

 

 

環境を変えることを選択するのって難しいし、勇気が必要ですよね。

 

ただ、そのような状況でした選択だからこそ、リターンも大きいと思います。

 

 

僕もフィリピンで海外インターンに挑戦していますが、実際にフィリピンで実りある日々を過ごせています。

 

またこの経験を就活でもぜひ役立てようと考えています。

 

 

この記事が、海外インターンに行くかどうか判断する際の手助けになれば嬉しいです。

休学者に人気のプログラム

留学インターン

留学×キャリア支援

関連記事
新卒から即戦力を目指す! WEBマーケティングインターン
【保存版】無料でできる!海外インターンの探し方まとめ
ソーシャルビジネスのシリコンバレーで海外インターン
7つのしくじりから学ぶ!海外インターンで英語力を最大限伸ばす方法