こんにちは。

前回のブログで掲載された写真を見て、自分のタレ目っぷりに驚きました、タレ目インターンのワタヌキです。

 

フィリピンに来て3ヶ月ほどになりますが、日本との違いはやはり「食」。

 

日本食レストランを除けば、味噌汁やカレー、ラーメンといった日本では当たり前のように食べられているものが、フィリピンにはありません。

 

 

逆もまたしかり。日本ではお目にかかれない食べ物が、ここフィリピンにはあります。

 

【フィリピン料理!?】フィリピンに来たら絶対食べるべき料理

【フィリピン食文化レポ】食べに行きたいファーストフードチェーン店5選

 

 

今回は、私が「なんじゃこりゃぁぁぁあああ!!」と思ったフィリピンの食べ物を紹介したいと思います。

 

 

 

フィリピンでバロットを食べ(させ)てみたよ。

 

IMG_9089

 

「バロット」とフィリピン名物の一つで、その実態は

孵化しかけのアヒルの卵を茹でたもの。

大事なことなんでもう一回言いますね。

 

 

 

 

孵化しかけのアヒルの卵

です。

 

わー。

孵化しかけー。

響きが刺激的ですね!

 

ここフィリピンでは、バロットは滋養食品として日常的に食べられています。

 

値段は1個14ペソ~20ペソほど(約35円~50円)。

屋台で売られていたり、自転車に乗ったおじちゃんが売りに来たり、どこからともなく現れたおばちゃんが「買え」と迫ってきたりします。

地元の人もよく食べてるところを見かけます。

 

 

今回は孵化しかけのアヒルの卵とか食べるのやなんで、

「どうしてもバロットを食べてみたい!」という、PALETTE SCHOOLに留学中の金子くんと鍋嶋くんのお二人にバロットを試してもらいましょう。

IMG_9078

 

 

金子くん

二ヶ月前にパレットスクール入学。スクール卒業後はベトナムの日系企業でインターン予定。ゲイにモテまくる。

IMG_9162

 

 

鍋嶋くん

一ヶ月前にパレットスクールに入学。スクール卒業後はパレットでインターン予定。ゲイに全くモテない。

IMG_9163

 

 

 

バロットを買いに町まで出かけます。

IMG_9080

 

 

と思ったら、道の途中であっさりバロットを売ってるおじちゃんが見つかりました。

IMG_9083

 

 

こんな感じで売られています。

IMG_9084

 

 

興味津々な、バロット初挑戦の二人。

IMG_9085

 

 

ひとつ14ペソ(35円)。

IMG_9089

 

 

 

それでは早速食べてもらいましょう。

 

サルでも分かるバロットの食べ方

1.卵の殻の丸い方を割ります。

IMG_9099

 

 

2.中のスープを飲み干します。

IMG_9100

 

 

IMG_9103

「ん?」

 

 

IMG_9101

「あ、美味しい」

 

 

IMG_9102

「鶏ガラスープ?」

 

 

3.卵の殻をむきます。

IMG_9109

 

 

IMG_9119

 

 

4.お酢と塩をかけて頂きます。

IMG_9115

唐辛子とニンニク入りの酢をかけます。

 

 

IMG_9124

塩をひとつまみ。

 

 

IMG_9131

「味はゆでたまご」

 

 

IMG_9130

「あ、うまい」

 

 

IMG_9137

「うん」

 

 

IMG_9140

「うん」

 

 

IMG_9141

「うん!!」

 

 

IMG_9142

「バロット美味しい!!」

 

 

 

 

 

 

IMG_9131

「あ」

 

 

IMG_9133

「羽生えてる」
IMG_9134

 

 

 

バロットを食べてみた二人の感想

・意外にイケる。

・孵化しかけの肉の部分はレバーっぽい。

・ただ、食べた後の手がものすごい生臭くなる。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

バロットは孵化日数によって、殻をむいた後の形状が変わってくるようです。孵化日数が少ない場合はより卵に近く、多ければよりヒナの形に近づくようです。

今回食べてもらったバロットの孵化日数を聞くのは忘れてしまいましたが、羽が生えてました。

せっかく外国に行くのであれば、日本にはないものに挑戦してみるのもアリだと思います。

 

フィリピンに来たら、是非バロットを試してみてくださいね。

 

 

【おまけ】

強そうなカラバオ(水牛)さんと記念撮影。

IMG_9158

関連記事
意外すぎ!? フィリピン人の国民性 を5つご紹介
フィリピン留学のデメリットまとめ!治安・英語・食事のウラ側大暴露
フィリピンでクリスマスを過ごすなら知っておきたい3つの心構え。
【女性必見】迷ったらこれ!もらって嬉しいフィリピンお土産5選
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン