こんにちは!

NPO法人PALETTEのフィリピンオフィスにて海外インターンシップをしている、えをりです^^

 

国際ボランティアに参加してみたい大学生の中には、

「どの団体に参加したらいいか分からない…」

「お金がどれくらいかかるか分からない…」

「海外でのボランティアってやっぱり英語力が必要?」

 

などの不安を持っている人も多いのではないでしょうか?

 

私は大学時代に国内外でたくさんのボランティアやスタディツアーに参加してきました。

 

そこでこの記事では、

私自身の経験と周りの国際ボランティア参加者の口コミをもとに、初心者の方でも安心して参加できる国際ボランティアを3つご紹介します!

 

各ボランティア先団体(NPO・NGO)の職員さんへのインタビュー内容もあわせてご紹介するので、そちらも必見です!

 

 

 

1. 国際ボランティア

「国際ボランティアのイメージがぼんやりしている。。」という方も多いと思うので、参加するにあたり知っておいた方が良いことをまずは簡単にご説明します。

 

国際ボランティアとは

 

一般的に国際ボランティアとは、
海外のNPO・NGOでの体験活動を通して、社会課題を自分の目で見て理解を深め、解決に向けた活動に取り組むことを言います。

 

たとえば、海外で子供達に英語を教えたり、学校や家の改築を行う活動などがあります。国際ボランティアはスキルや知識がなくても誰でも参加することができます。

 

ボランティア初心者の方は、リスクマネジメントや参加者の対応を丁寧に行ってくれるNPOやNGOが提供するボランティアプロラムに参加することをオススメします。

 

国際ボランティアに参加するメリット

国際ボランティアに参加するには、3つの大きなメリットがあります。

 

・自分の今後のキャリアを考えるきっかけになる

国際ボランティア活動を通して、「どういう風に感じたか」「何に関心を持つようになったか」ということは今後のキャリアを考えるに機会になります。

 

・自分の英語力を海外で試すことができる

今まで自分が学んだきた英語を海外の人とコミュニケーションのツールとして実際に使うことで、自分の英語力を確かめることが出来ます。

 

・異文化を体験することができる

普段日本では体験することの出来ない体験をすることができます。このような体験を通じて、人種・宗教・文化の多様性に対して学ぶことが出来ます。

 

 

2. 大学生にオススメの国際ボランティア3選

それでは、職員さんへのインタビューとともに、初心者の大学生にオススメの国際ボランティアを3つご紹介します!

 

ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン

「海外で家を建てる国際ボランティア」

Webサイト:http://habitatjp.org

 

今回インタビューに答えてくださったのは、ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ ジャパンの新田さんです。

 

ハビタット・フォー・ヒューマニティはどのような団体ですか?

世界70カ国以上で貧困や災害など住まいの問題に取り組む国際NGOです。

 

学生におすすめの活動を教えてください!!

Global Villageというボランティア活動をご紹介します。この活動では、主にアジアの貧困地域で将来その家に住むご家族と一緒に、実際に家を建てることができます。学生さんならどんな方でもご参加していただけます。

 

 

-Global Villageにはいつ参加できますか?

毎年夏に開催しているStep to Peaceという全国から集まった大学生と共に参加する学生限定のスペシャルプログラムがあります。

 

昨年は、日本全国から学生が約70名集まりました。実際に海外で家を建てるのは約2週間ですが、チームとしての活動期間は半年です。

 

渡航する前からその国の勉強をし、チーム内での役割を決め、出発まで準備を進めます。参加後も募金活動や活動報告会など、学生が主体となって一回のボランティア参加だけではない、「学生ができる支援」のあり方を考え、みんなで力を合わせて取り組んでいます。

 

「全国の学生と繋がりたい」「ボランティアに長期間関わりたい」「何かに夢中になってみたい」という方には、ぜひおすすめです。

 

-参加費用ってどれくらいですか?

国や時期によって多少の変動がありますが、2016年度のStep to PeaceのインドネシアのGlobal Villageでは以下の通りでした。*現地滞在費には、現地での宿泊代・食費・交通費・観光代が含まれています。

 

-やっぱり英語力は必要ですよね?

英語のレベルは基本的に問いません!現地のスタッフとは英語で会話するので、基礎的な英会話力があれば便利ですが、チームには必ず英語のできるリーダーがいますので、安心してください。現地のコミュニティの方々は英語を話せない人も多いです。身振り手振りでも、皆さんの思いは現地の方に伝わると思います。

 

-Global Villageの印象深いエピソードを教えてください。

生まれつき体にあざを持つ学生が、Global Villageに参加したことがありました。彼女はそれを気にして、半袖の服を着ることも恥ずかしがっていました。でもそんな彼女に、彼女と一緒に家を建てていたその家に住むお父さんが、「君はわざわざボランティアをしに、遠い日本からやってきてくれた。君はそれほど素晴らしい人なんだから、そんなあざを恥ずかしがる必要はないよ。」と言ってくれました。

 

ボランティアとして参加した自分の方が、逆に励まされ、勇気付けられたと嬉しそうに話してくれました。

 

ハビタットのボランティア活動は、一方的な支援ではなく、共に汗を流して行う家を建てることで、お互いを支え合える関係を築けることがGlobal Villageの魅力だと思います。

All Photos Courtesy of Habitat for Humanity Japan

 

アジア学院

「日本でできる農業を通した国際ボランティア」

Webサイト: http://www.ari-edu.org

 

今回インタビューに答えてくださったのは、アジア学院の八木沢さんです。

 

-アジア学院はどんな団体ですか?

発展途上国の貧しい農村のために現地で働くリーダーを育成し貧困問題に取り組んでいます。 アジア・アフリカ諸国から研修生を栃木県にある当施設に招き、共同生活と有機農業を通して、 人に奉仕するリーダーを育て送り出しています。-アジア学院にアジア・アフリカ諸国から研修生がやって来るんですか?はい。現在までは、57 か国 1300 人以上の方々が研修生としてアジア学院にやって来ました。

 

-学生にオススメの活動を教えてください!

ワーキングビジターというプログラムがオススメです。英語を生活言語とする多文化・多民族 のコミュニティーで研修生と共に農作業を体験することができます。 都会の日常生活にはない食べ物と命のつながりを体感できる農的な暮らしを 2 泊 3 日から経験 できます。

 

 

-農業って何をするんですか?

参加される時期にもよりますが、豚や鶏などの家畜のお世話、野菜の収穫、種まきなどを行い ます。

 

-ワーキングビジターに参加される人はどのような学生ですか?

農業に関心のある学生はもちろん、「新しいことに取り組んでみたい!」「海外の人と繋がり たい!」という方もたくさんいらっしゃいます。また、アメリカやドイツなど海外から参加さ れる方もいます。

 

-ではワーキングビジターに参加するためには英語力がいりますよね?

朝の集会や農作業など基本的なやりとりは全て英語で行われるので、日常会話レベルの英語力 と英語を積極的に話す姿勢は必要です。ですが、やりとりの中で分からないことがあれば、ス タッフがサポートさせて頂きます!

 

-ワーキングビジターの参加費用はどれくらいですか? ワーキングビジターに参加するためには、食事代・宿泊代・交通費がかかります。食事は一食 につき 500 円、宿泊日数によって一泊あたりの宿泊費は異なります。

 

-ワーキングビジターとの印象深いエピソードはございますか?
ドイツから来た 19 歳の女の子が、外国人との共同生活を通してモノを分かち合おうとする精神 にすごく感動していたことです。彼女は自国ではモノを分かち合おうとすることを今までは意 識したことがなかったそうですが、「彼らから学ぶことがたくさんあった。分かち合うことを これから大切にしていきたい。」と言っていました。

彼女がワーキングビジターを通してアジア学院の「共に生きるために」というモットーに共感 してくれたことはとても嬉しかったので印象に残っています。

 

NICE

「自分に合った国際ボランティアが必ず見つかる」

Webサイト: http://www.nice1.gr.jp

 

今回インタビューに答えてくださったのは、 NICEの夏原さん(写真1番左)です。

 

-NICEはどのような団体ですか?

国際ワークキャンプをはじめとするボランティアの主催・派遣を行っています。また、地域のニーズに応えることのできる活動を行うため、世界各国のNGOと提携してプロジェクトに取り組んでおります。

 

-アフリカで学生がボランティア出来るんですか?

はい。アフリカのタンザニアでは、学校の教室の修復やペインティング、小さな子どもの学習促進のアクティビティなど学校環境改善に関わるボランティアを行うことが出来ます。

NICEでは、他にも世界95ヵ国3000種類以上のボランティアを行っています。

 

-自分に合ったボランティアはどのように見つけたらよいでしょうか?

まず個人の関心のある分野や地域、参加可能期間をお伺いし、個人に合ったボランティアをご紹介しております。ご自身でも自分に合ったボランティアを以下のURLより、見つけることもできます。

ボランティア検索ページ:http://www.nice1.gr.jp/search_top/

 

-どのような学生がNICEのボランティアに参加しているんですか?

NICEが派遣しているボランティアには、現地や海外からも多くの方が参加され、その方々と現地では共同生活を行っているので、「世界の人と繋がりたい!」「現地のリアルな生活が知りたい!」という方が参加されています。

 

-どのような学生がNICEのボランティアに参加しているんですか?

NICEが派遣しているボランティアには、現地や海外からも多くの方が参加され、その方々と現地では共同生活を行っているので、「世界の人と繋がりたい!」「現地のリアルな生活が知りたい!」という方が参加されています。

 

-英語力ってどれくらい必要ですか?

自己紹介程度の英語力積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢があれば問題ありません。

 

-プログラムの参加費用はどれくらいかかりますか?

プログラムの内容により異なりますが、参加費39,000円からご参加して頂けます。

ワーク期間中の宿泊費・食事は現地の団体から無償で提供されます。ですが、渡航費・ビザ・保険料は各自負担して頂くようお願いしています。

 

-NICEの魅力を教えてください!

一人一人にできることは小さいかもしれませんが共感する仲間と共に社会を動かす、つくるチカラとなり、自分自身の成長に繋がることだと思います。

 

3. 語学留学×国際協力


「英語力に自信がないから、国際ボランティアはまだちょっと…」という方には、英語学習をしながら国際協力を行える語学学校PALETTE SCHOOLでの留学がオススメです。

 

 

現地の人と英語でコミュニケーションを取れることで、より楽しく学びの深い国際協力を経験できます。

 

格安で語学留学をして国際協力も体験したいという方にPALETTE SCHOOLは非常にオススメです。


PALETTE SCHOOLの特徴

・フィリピンの国際NGOの施設内に学校キャンパスが位置

・週末にはフィリピンの貧困地区へのスタディツアーに参加

・1ヶ月最大120時間のマンツーマン英会話レッスンを受講

・日本人が教える超初心者向けのコースあり

 

PALETTE SCHOOLの写真

 

 

・PALETTE SCHOOLではボランティア留学も実施中!

フィリピン語学留学×日本語ボランテァ

国際協力コース

4.最後に

 

いかがでしたか?

 

興味のある国際ボランティアは見つかりましたか?

 

大学の4年間はあっという間に終わってしまいます。貴重の経験をし充実した大学生活を過ごしてください!

関連記事
留学エージェントが語る「PALETTE SCHOOL」の7つの魅力!
休学の理由はこれで大丈夫! 就活への影響と大学申請のコツ
休学のメリットとデメリット経験者8人ですべて出してみた
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン