有馬めぐみさん 20代 学生

「留学×インターン」コース(12週間+24週間)

参加前の英語レベル:簡単な英会話が出来る

参加後の英語レベル:よく使う表現はスムーズに使える

1.フィリピン留学×海外インターンで最も印象に残ったことを教えてください。

社員さんは、インターンに対して、PALETTEにおける大切なメンバーとして全力で関わって下さいます。

頻繁に面談を実施することで、業務に関する相談はもちろんのこと、私が「今」どういう気持ちでインターンを行っていて、それを経験して「これから」どうなっていきたいのか、ということを整理するためのヒントをたくさんくださいます。

インターン期間中、決して考えることを止めずに前に進み続けられたのは社員さんの手厚いサポートがあったからです。

2.参加したきっかけや当初の目標など、参加前のことについて教えてください

私は、PALETTEに来る前の半年間、フィリピンの子どもと女性の支援を行うNPO法人アクセスの日本事務局にてインターンとして活動していました。

しかし、活動を続ける中で、フィリピン現地で活動するNGOに関わってみたいという思いが強くなっていきました。

そんな時にたまたまPALETTEのビラを見つけ、インターンができるということで申し込みました。

私はそれまでに英語留学の経験がなく、英語力にも全く自信がなかったため、留学とセットで申し込みました。

3.海外インターンでは何に取組み、どのような困難や壁がありましたか?

私は、留学に来た生徒さんのトラブル対応、教師のスケジュール管理、学校の運営改善等、学校運営に関する全般的な仕事を行っていました。

インターンになった時は、先生だった人たちが同僚になるという関係性の変化に戸惑いを感じました。

同僚という立場では、仕事における責任を持ち、信用・信頼という関係性をゼロから築いていかなければならなかったので、そこが一番苦労したし、しんどく感じることも多かったです。

しかし、「どうすれば教師が心地よく楽しく働ける環境になるだろう」と毎日工夫しながら確実に仕事をこなすことで、教師との信頼関係を築いていくことができました。

最初の方は、休憩時間は話しかけて欲しくないと言っていたような教師も、今では、細かくとも気になることがあればお互いに相談しあえる関係性が築けています。

4.フィリピン留学×海外インターンを終えた今、成長や変化について教えてください。

海外で働くためにはその国の文化を理解することが大事だとよく聞きます。

確かにそれも大切だと思いますが、私は、「個人」を理解することが最も大切なのではないかと思います。

逆に、個人を理解することができればどこの国でも働けるんだということに気づきました。

今後どう生きていくかはまだ模索中ですが、この気づきを得たことで確実に今まで私が想像していた自分自身の将来に対する視野は広くなったし、どこでも、どんな環境でも働けるという自信がつきました。

5.留学について良かった点・気になった点を教えてください。

授業方針・カリキュラムについて

自分が学びたい分野の強化を増やすというように、好きなようにアレンジして授業を組めるシルテムが良かったです。

ただ、基本的に生徒の主体性に任せて授業が展開していくし、放課後等の課外時間を業過ごすかはすべて自分次第になるので、きっちり目標設定を持って学習できるかが充実した留学生活を遅れるかどうかの境目になるのかなと思います。

教師について

どの教師も生徒のレベル、やりたいことに合わせて授業を展開してくれます。

話の引き出しが豊富なので、毎日マンツーマンレッスンを受けていても話すことが苦になりません。

また、議論においては先生の価値観や考え方を共有してくれるので、英語の知識だけでなくいろんな人の人生観も知ることができ非常に面白かったです。

たまに、授業で使用するはずだった教材の印刷を忘れたりする先生がいたのが気になりました。

学校運営・スタッフについて

私の生徒期間は明らかに社員さんの数が足りていなかったのですが、何か問題があると迅速に対応してくださったので特に困ることはなかったです。

ただ、人が少なすぎるとみなさんが忙しいのが伝わってくるので、細かいところは相談しにくいという雰囲気があるように感じました。

食事について

日によって質に差はありましたが、私は基本的に美味しく食べることができました。

ただ、長期滞在していると似たような味のルーティーンに飽きてしまったので、超期滞在を予定の方は日本食を持ってくるのがオススメです。(日本食はマニラでも購入可できます。)

施設・設備について

校舎は田舎に位置するので、道端にはカエル、部屋の中にはヤモリが現れる時があります。

私は虫は気にならないし潔癖性でもないので、特にストレスを感じることはありませんでしたが、水まわりなどの清潔度に敏感な方は少し気になるかもしれません。

細かいことは気にしないで留学生活楽しみましょうというのが9ヶ月滞在した私からのアドバイスです。

インターネットについて

生徒期間は朝から夕方まで授業があり携帯を見る時間があまりなかったので特に不便を感じたことはありませんでした。

しかし、インターンになってからは業務上インターネットの使用時間が増え、速度制限にかかることもたまにありました。

でも、そんな時はwifiがある近くのカフェで作業をし、ちょうど良い息抜きにもなりました。

6.あなたにとってPALETTE SCHOOLとは?

私がインターンとして活動する中で一番強く感じたことは、いろんな背景を持ちつつPALETTEで働いている全員が、ここで働いていることを誇りに思っていることです。

教師、社員、インターンが「雇う側、雇われる側」という関係性ではなく、全員がPALETTEのビジョンにコミットする思いを持っていて、さらに自分のビジョンに向かって進んでいこうという気持ちを持ちながら働いています。

こんな語学学校は世界にひとつだと思います。

7.フィリピン留学×海外インターンを検討中の方へメッセージ

PALETTEはまだまだ成長過程にあり、これからどんどん突き進んでいく企業です。

今ジョインしたら、日々ワクワクしながら過ごせることまちがいないです。

少しでも興味があったら、ぜひ挑戦してみましょう!

関連記事
多くの学び、かけがえのない時間を得ました
PALETTE SCHOOLでしかできない経験
人との出会いと経験がもたらしてくれたのは自分自身の成長でした
【休学体験談】留学&海外インターン→商社に就職。その休学内容とは!?
留学×海外インターン募集中
フィリピン留学×インターンシッププログラム
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
留学についてお悩みですか?

どんな些細なことでも結構です。お気軽にご連絡ください!