僕の記事よりも、インターン生が書く記事の方が人気が高く、落ち込んでいます。

どうやったら、あんなに面白い記事が書けるんだろう。いいなぁ。

 

こんにちは。人気が欲しい、29歳になっても寂しがりのPALETTE代表、西村知晃です。

 

前々回、前回と、とてもニッチな記事を書いてしまい、大変申し訳ございませんでした。

当たり前のことを仰々しく、2ヶ月もかけて説明してしまいました。

 

さぁ、今回こそ、人気者に。。。あっ不純でしたね。

今回こそ、皆さんのお役に立てる記事を書こうと思います。

 

ということで、留学前の心得が習得できたら、次は、物理的に留学に必要な物の準備を始めましょう。

今回は、留学前に揃えておきたいアイテムをご紹介致します!

 

 

 

1.電子辞書

 

これは必要です!もう絶対必要!お願いですから、持っていきましょう!

ドラゴンボールで言えば、仙豆です。

 

ただ、留学に向けて新しく購入されるのであれば、電子辞書を購入するよりも、携帯のアプリで代用するのがおすすめです。iOSでもAndroidでも、辞書アプリはありますよね。

個人的に使っているのは、”The Wisdom2”です。発音もしてくれるので、とても助かります。

 

週末を利用して出かけるときもあるでしょう。

たまたま外国人と仲良くなった。

一生懸命に話し、一生懸命にボディーランゲージも交えながら、伝えようとする。

 

でも、現実は厳しいものです。

発音しても、発音しても、相手に全く通じないときがあります。

 

そんなときは、そっと相手の耳元にスマホを持っていき、再生ボタンを押しましょう。

これで全て解決します。これで仲良しになれます。

 

また、無料、有料ともに、英語学習に役立つアプリもありますし、スマホ1つで英語をまとめて学習できます。

おまけで、ゲーム要素もあり、楽しく勉強できるおすすめ英語学習アプリをご紹介します。

“Duolingo””Memrise”です。

メディアでも紹介されていますし、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

因みに、個人的に、“Duolingo”は使っています。発音のテストがいつも「やり直し」になるのは、ここだけの話です。

 

 

2.日本語の書籍

 

「えっ?日本語の本?留学中なんだからさぁ、英語の本を読もうよ。まったく。。。」という意識高い系の方へ。

 

素晴しい。ぜひ、英語の本を呼んで下さい。

 

意識低い系の僕の場合、無理でした。

朝から晩まで、授業と自習で荒みきった心のまま、更に英語の本を読むことができませんでした。

購入はしましたが、1回もページを開くことはなく、語学学校に寄付してきました。

 

日々英語漬けの生活をしている中、良い気分転換になります。

ビジネス書でも、哲学書でも、小説でも何でもいいです。

実際、留学中は英語学習だけではなく、日本ではめんどくさくて、なかなかできなかったことに挑戦するのもいいと思います。

 

「えっ?本とか、邪魔だしー重いしー。それ、Amazonで買えば良くね?西村ぁ。」

 

日本の便利さに慣れ親しんだ、皆様。

悲報です。フィリピンは、Amazonのサービスが対象外です。

もちろん、Kindleは大丈夫なので、アプリをダウンロードするか、本体を購入するのもいいと思います。

 

 

3.ATMカード

 

もちろん、日本円を持ち込むこともありですが、両替というとても手間のかかる作業が必要になります。

 

そんなとき、ATMカードがあれば、口座から自動で現地のお金が自動で引き落とせます。

 

「PLASマーク」があるものを選びましょう!(新生銀行がポピュラーですね)

このマークに対応したカードであれば、フィリピンの銀行のATMではだいたい使えます。

 

じゃあ、どこの銀行のATM使えばいいん?

おすすめは、BPI(Bank of Philippine Islands)という銀行のマシンです。

 

フィリピンでATM設置数No.1!

1日の引き落とし可能金額が高い!(2万ペソ。他校は5000〜1万ペソ。)

ただ、手数料が1回200ペソかかってしまうのが、たまにきずですね。。。。

 

もちろん、既に長期滞在することが決定されておられる場合、現地の銀行で口座を開設するのもありだと思います。

僕も先日挑戦したのですが、以外と簡単に作れることが判明しました。

 

 

4.ニュースキュレーションアプリ

 

フィリピンで英語を勉強した。さぁ日本に帰ってきた。

 

あれ?あれ?何が起きてるの??

 

浦島太郎状態にはなりたくないですね。竜宮城(フィリピン)でテヘペロ。。。

 

ニュースキュレーションアプリは、先日のグノシーの上場が物語っているように、かなり盛り上がっている分野で、各社面白いことをやっています。

 

個人的には、“SmartNews”“NewsPicks”を使用しています。

(ステマではなく、完全に個人としての意見です。)

 

“SmartNews”は一般的なニュースから個人の趣向に合わせて様々な媒体のニュースを選べるので便利です。

 

“NewsPicks”はなんだか著名な方々の意見が記載されていて、そのニュースの周辺知識もまとめて学べるし、色々な人の意見を通じて、そのニュースの周辺知識もまとめて学べるし、面白いです。

 

また、”POLYGLOTS”という英語学習型のニュースアプリもあります。

「浦島太郎になりたくないついでに、英語も勉強したい方」にはおすすめですね。

 

 

以上、留学に行く前に揃えておきたい、旅のお供4選をご紹介しました!

さぁ、仲間も揃いました。いよいよ!鬼が島(フィリピン)に出発しましょう!

Come on Guys!

関連記事
フィリピン留学する時期でオススメはいつ?5つの目的別に紹介
【連載企画】トビタテ留学JAPANから考える、フィリピン留学を有意義にする方法
シーズン直前! マニラ空港を徹底解明!!
【完全ガイド】フィリピン留学における海外保険の選び方
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン