金 愛月さん 20代 学生

「留学×インターン」コース(8週間+34週間)

参加前の英語レベル:日常会話は問題ない

参加後の英語レベル:実力と自信を持って英語が使える

1.フィリピン留学×海外インターンに挑戦したきっかけはなんですか?

将来国際協力をキャリアとして働くイメージを持つために、留学×インターンをしました。

大学時代はボランティア活動に積極的に参加し社会問題に関心を持つようになり、将来国際協力をキャリアにしたいと思っていました。

ですが私が今まで参加して来たボランティアは、NGO団体が提供するボランティアプログラムでありその経験だけでは将来国際協力をキャリアにするイメージがあまり持つことができませんでした。

そのような経緯から、PALETTE SCHOOLがフィリピンの若者の雇用支援を行うNPOということもあり、留学×インターンに参加しました。

2. 留学で身に付けた英語はインターン中の活動に活かせましたか?

インターンシップ中、フィリピン人スタッフと仕事でコミュニケーションを取る際に英語が役立ちました。

言語や文化が異なったフィリピン人スタッフとは、誤解が生じたり捉え方が異なったりして良好な関係を築くのは時間もかかり大変でした。

ですが、留学を通して相手に失礼のない英語表現や捉え方が異ならないような意思疎通の仕方を学ぶことができました。時間はかかりましたが、学びを通して、フィリピン人スタッフとの良好な関係を築けたと思います。

3.PALETTEはどんな組織でしたか??

PALETTEの創設者である倉辻の原体験にもあるように、学歴が低い貧困層の若者に対して本気で事業に取り組んでいる組織です。倉辻が大学時代に出会ったお金も学歴もなく夢も持てないフィリピンの貧困層の若者をターゲット像とし、彼らでもやりたいことにチャレンジできる社会の仕組みを作ろう!という思いのつまった組織です。

ボランティア活動やスタディーツアーに参加する学生は多いけど、自分の思いを実現する創設者は「とてもかっこいい」「自分もそんな思いを実現できる人になりたい」と思いました。

What is PALETTE

 

4.フィリピン留学×海外インターンを通して、最も大きかった成長はなんですか?

私が最も成長を感じることができたのは、PALETTE SCHOOLの韓国人留学マーケティング分野での業務です。

私がPALETTE SCHOOLを知った当初は、日本人の生徒のみを受け入れていました。「せっかく良い語学学校なのに日本だけなんて、もったいない!」と思い、韓国人留学生を受け入れたらどうかと提案しました。私が在日韓国人ということもあり、PALETTE SCHOOLの韓国人留学生マーケティングを一人で任してくれました。

マーケティングは初心者だったので試行錯誤で行っていましたが、2017年度は計4名の韓国人留学生を受け入れることができました。

規模は小さいかもしれないですが、マーケティング分野での学びを通して、自分を成長させることができたのは非常に大きかったと思います。

フィリピン留学中の旅行

 

5. 今後この経験をどのように活かしたいと考えていますか?

将来は国際協力に関わるキャリアを目指しています。

インターンシップを通して、フィリピンの貧困地区には何度も訪問しました。「毎日ご飯を食べれない」「仕事がない」「学校に通えない」など、やはり発展途上国には日本にはあまりない深刻な問題がまだまだあるのだと実感しました。

PALETTEが若者の雇用支援をしていることから、雇用機会の提供により貧困問題を解決するということに可能性を感じました。

なので、発展途上国の貧困の方でも安定した仕事を見つけられる、そんな社会作りに今後も貢献していきたいと思っています。

 

6.留学×インターンを検討中の方へメッセージ

「国際協力をキャリアとして働きたい」「貧困問題をビジネスで解決したい」「フィリピンの貧困問題を学びたい」という方々には学びの多いプログラムだと思います。
PALETTEに限らず留学と海外でのインターンは、自分の成長に繋がりやすいと思うので、関心がある分野にとりあえず飛び込んでみることが大事だと思います。

ハロウィンパーティー

資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
留学についてお悩みですか?

どんな些細なことでも結構です。お気軽にご連絡ください!

SNSから最新記事を購読できます

「いいね!」「フォローする」ボタンを押すと、最新情報が届きます。