こんにちは、西村知晃です。

先日、PALETTE関係者の間で、1枚の写真が話題になりました。

 

1

 

金太郎が写っていますね。

27年の歳月が過ぎ去り、金太郎は、大きく成長しました。

 

2

 

時の流れは、残酷です。

この変化に、両親が1番傷ついていると思うので、謝りに行こうと思います。

 

 

 

■今年を良い形で締めくくるために。

 

あっという間に、2015年も残り僅かとなりました。

PALETTE SCHOOLブログの連載を開始してから、初めての年末を迎えます。

 

せっかくの機会なので、今まで経験したことがないことに挑戦してみようと思います。

かつ、全くやりたくないことをやってみることにしました。

 

 

突然ですが、皆さんは、美容院に行くことに躊躇することがありますか?

 

僕は、躊躇しています。

理由は、フィリピン人のヘアスタイルが、日本人の感性の斜め上の上をいっているからです。

その角度の高さに恐怖を感じ、1度も美容院に行ったことがありませんでした。

 

だからこそ、そこに行く価値が生まれるのだと思います。

 

 

 

■フィリピンの美容院に散髪に行ってきた。

 

改めまして、こんにちは。

これから、美容院に向かいます。

3

 

ここは、PALETTE SCHOOLから最寄りのシティです。田舎ですけど。

住民達がシティと呼ぶので、僕もシティと呼ぶことにします。

4

 

このシティには、いくつかの美容院があります。

その中で1番ナウい美容院“Ambassador Salon”が、この建物の2階にあります。

5

 

ビルの横にある階段を上がりましょう。

6

 

階段を上がると、修道士さんがお出迎えして下さいました。

ドラクエみたいに、ここで、冒険の書に記録しておくことができたら、どれほど幸せでしょうか。

もう、後戻りはできません。

7

 

そして、美容院に到着。

店舗前写真を撮影しようとしていたら、強引に入店させられました。

 

入店後、すぐに座らされて、希望の髪型を確認されます。

全く言葉が通じず、不安でいっぱいになりました。

8

 

次は、シャンプーです。

お湯が出ると予想していたのですが、水シャワーだったので、椅子の上で跳ねてしまいました。

9

 

シャンプーが終了しました。

突然、頭に巻いたタオルを思いっきり引っ張られ、席まで連れ戻されました。

10

 

 

いよいよ、散髪開始です。

さっきのタオル事件の恐怖から、表情が抜け落ちてしまっています。

11

 

予想していたよりも、順調に物事が進んでいきました。

時々、髪の毛を切られているというよりも、むしり取られているような痛みを感じます。

そして、終了。

再びシャンプー台へと移動です。

13

 

再び、頭を引っ張られて、連れ戻されました。

髪を乾かしてもらい、全行程が終了となりました。

14

 

最後に、ヘアスタイルをセットするか聞かれたのですが、丁重にお断りしました。

 

気になるお会計は、P60でした。

160円くらいですよ。安すぎるでしょ。

 

 

 

■初めてフィリピンの美容院に行ってみた感想

 

お疲れ様でした。

15

 

正直、日本と変わりません。

美容師の方は、親切、丁寧に対応してくれました。

自分で散髪することには限度があるので、これからは美容院に行こうと思います。

 

今回、非常に勉強になりました。

角度の高い美的センスは、美容師さんのスキルの問題ではなく、お客さんの問題だと。

やはり、先入観を持ちすぎることはいけません。

 

皆さんも、悔いの残らないように、お過ごし下さい。

関連記事
【デュエルスタンバイ!】フィリピンで"闇の"お菓子ゲーム開戦!
【帰国不可!?】フィリピンからの脱出!ECCの謎を追え!!~6か月以上滞在の罠~
フィリピン留学3ヶ月の費用は?最安で行く5つの方法も公開!
フィリピンでポケモンGOやってみた。
資料請求はこちら
PALETTESCHOOL資料請求
フィリピン留学に関してお悩みですか?

どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください!
 

LINE限定で「入学金15,000円が無料」などお得なクーポンも定期的に配信中!
 

下記画像をクリックして追加しましょう♪
 

PALETTE SCHOOL LINE割引クーポン