今まで英会話をする機会がほとんどなかった

 

まずは、日常会話レベルを身につけ、外国人の人と話せるようになりたい。

 

英会話の勉強だけじゃなくて英語を使ってボランティアやスタディーツアーに参加したい

 

そんなあなたが、英語で日常会話ができるようになるだけでなく、英語を使ったアクションができるようになることを目指すコースです。

 

英語が伸びることに加え、価値観や視野が広がる学びが期待されることから、多くの教育機関の研修にも選んでいただいています。

 

(一橋大学、大阪教育大学、工学院高校、三国ヶ丘高校など)

 

参加者のレベル目安

TOEIC300~600点代

中学レベルの単語は理解できる程度。英語での日常会話はほとんどやったことがない。

<過去の生徒の成果例>

おがきくん

小垣孝太さん

留学期間:4週間

TOEIC470→640点(170点アップ)

 

スピーキング

単語だけで話していた状態から、文章で伝えられる状態に。

 

リスニング

会話を完璧に聞き取れるようにはならなかったが、単語や文脈から相手が言っていることを大まかに7-8割理解できるように。

 

めぐみ

有馬めぐみさん

留学期間:12週間

TOEIC 400→785点(385点アップ)

 

スピーキング

留学後参加したフィリピンの語学学校のインターン業務で、問題なく教師やフィリピン人スタッフと意思疎通できるレベルに。

 

リスニング

最初は何度も相手の話をWhat do you mean?と聞き返していたが、その回数自体もかなり減り、スムーズに会話できるように。

 

 

 

本コースが選ばれる3つの理由

 

①スピーキング/リスニングに特化した英語力が身につく

欧米のグループ授業とは異なり、マンツーマンで授業を受けることが可能なため、スピーキングや発音に特化して英語を伸ばして行くことが可能です(1日最大7コマ)。

 

日常会話のトピック(自己紹介/旅行/趣味/生活)から世界の社会問題までいろんな議題でのディスカッションを体験していくことが可能です。

<授業内容例>

*テキストは20種類以上あり、初日のレベルチェックテストを元にあなたに合ったものを選定します。

②英語を使って達成したい目標に挑戦できる

課外アクティビティー
 

当校では、TOEICやIELTSなどの「スコア」よりも、「英語を使って何ができるか」という点を重視しています。

 

そういった英語を使って達成したい目標に向けて勉強することで、モチベーションが上がり、スコアも付随して伸びるためです。

 

明確な目標がある方には、「英語で〇〇する」という目標を立てて、スタッフと一緒に達成していきます(任意)。

 

【過去の目標例】

将来海外で輸入物の買い付けをしたい

→サンデーマーケットに行き、値下げ交渉を1回成功させる。

 

将来日本語教師として働きたい

→教師に日本のサブカルチャーについてのプレゼンテーションを1回行う。

 

映画を字幕なしで7-8割理解できるようになりたい。

→教師と映画鑑賞を土日行ない、感想会を授業で行う。

 

 

このように英語で達成したい目標を実際にやってみることで、目標に向けてどんな英語を学ぶべきかを明確にし、効率的な学習を模索します。

③今まで知らなかった自分の興味や関心に気づける

明確な英語を学ぶ目標がないという人のためにも、興味や関心を広げるためのアクティビティーを授業外で実施しております。

 

【英語を使ったアクティビティー例】

クリックして表示👇

伊藤くんフィリピン留学体験談6
 

フィリピンのマニラのゴミ山スラムに訪れ、現地家庭のストーリーを聞いたり、そこで活動するNGOの取り組みについて学びます。また、ポーチや財布などを生産し、コミュニティーの母親の生計向上支援をしているNGOにて、自分の名前の入ったタオルの刺繍体験を行います。

日本語ボランティア
 

当校の隣にある貧困家庭向けのビジネスの専門学校で日本語の授業をおこないます。マンツーマンの授業では英語に詰まった時に先生がサポートしてくれますが、授業の外ではそうはいきません。このアクティビティーでは「どう表現したらいいか」を自分で考え、発言する練習を外でつむことで、より実践的な英語力を鍛えます。

Plush and play
 

当校のキャンパスはフィリピン最大級のNGO、GKが設立した起業家の村に位置しています。そのため、地元の社会問題をビジネスで解決するために活動する「社会起業家」の話を聞くことができます。

卒業生の体験談

中川巧さん(4週間 大学生)

根本愛さん(8週間 大学生)

プログラムの詳細

 

スケジュール例

 

スタンダードプランの場合のスケジュール

1日のスケジュール例
朝食
8:30マンツーマン | Speaking (50分)
9:30マンツーマン | Grammar (50分)
10:30日本語ボランティア参加(50分)
11:30マンツーマン | Speaking (50分)
昼食
13:30マンツーマン | Pronounciation (50分)
14:30マンツーマン | Shadowing (50分)
15:30社会起業家とのトークセッション(50分)
16:30グループスタディ | Discussion (50分)
18:00夕食
20:30自習、予習、宿題

 

※あくまでも一例です。受け入れ状況によってスケジュールは変わります。

 

また、予算や希望コマ数に応じて3つのプランが選べます。

 

【ライトプラン】

マンツーマン4コマ、グループ1コマ

【スタンダードプラン】

マンツーマン5コマ、グループ1コマ

【ハードプラン】

マンツーマン6コマ、グループ1コマ

 

プランごとの費用が知りたい方はこちら👇

留学の舞台はフィリピン最大のNGO

当校キャンパスはフィリピン最大級のNGO、Gawad Kalinga(ガワカリンガ)が運営する社会起業家のための村です。

 

フィリピンの500万世帯の貧困解決を目指し、国内外からいろんな起業家があつまり社会課題に向かって活動しています。

 

したがって、教室の外でもいろんな人との交流の中、英語で話せる環境の中で留学することができます。

 

過去受入実績

 

一橋大学、大阪教育大学、工学院高校、三国ケ丘高校など、教育機関にもご利用いただいております。

スタッフからのひとこと

 

kazuya
 

受け入れ担当:磯部 和弥

 

ここまで読み進めていただきありがとうございます。

 

担当の磯部と申します。

 

僕は大学1年生のとき、就活で有利になるためにTOEICの勉強ばかりしていたのですが、スコアをあげるための勉強は面白くなく、途中で挫折してしまいました。結果としてもTOEIC500点台どまりでした。

 

そこで、海外で働くことにあこがれていた僕は、英語をもっと使いながら学ぼうとカナダ、タイ、フィリピンの3カ国でボランティアやインターンを経験しました。

 

実際に海外で働くことで、「これってどうやって表現するんだろう?」とわからない単語や文がその場でたくさん見えてきて、たくさんの表現を覚えることができました。

 

働く上で必要な英会話を身につけることはもちろん、TOEICスコアも4年生の時に900点代を叩き出すことができました。

 

英語力を最速で身につける方法は、英語を机上で勉強することではなく、「自分が英語を使ってしたいこと」に最初から挑戦してみることです。その中で必要な英語の表現や単語をを覚えていくことができるためです。

 

PALETTE SCHOOLでは、あなたが英語を学ぶ目的を見つけるアクティビティーがあったり、それに挑戦できる場を設けています。

 

私たちと一緒に、あなたの「英語で〇〇したい」を見つけ、それに挑戦してみませんか?

早めの申し込みで最大10000円割引!

LINE相談バナー

留学日から
 

2ヶ月以上前の申し込みで5000円割引
 

3ヶ月以上前の申し込みで10000円割引
 

で留学することができます。
 

申し込み時に「早割」を選択してみてください。
 

留学費用や、授業内容に関する質問は、
 

下記のLINEボタンより追加しメッセージを送ってください。
 

担当スタッフがていねいにお答えいたします。

line