途上国の若者の"どうせできない"をなくす国際協力NGO

Mary Grace Baylon -グレイス-

Mary Grace Baylon -グレイス-

Teacher

1993年生まれ。マニラ首都圏トンド地区スモーキーマウンテンのスラム出身。政府の強制退去に遭い、ブラカン州の再定住地Batiaにて家族と居住。ロールモデル育成PROJECT「英語教師編」第二期生。教師にとって最も重要なスキル、「傾聴力」に長けている。PALETTE一のヤングガール。第2期生を戦い抜いた猛者。かわいい顔でパワフル。ダンスや音楽が好きで、料理激ウマ。座右の銘は”Everything happened has a reason.””Learn from the past, plan for the future by focusing on today.”