こんにちは、倉辻です!
———————————————————–
倉辻 悠平(くらつじ ゆうへい)
NPO法人PALETTEの代表。フィリピン貧困地区出身の若者向けの就労支援「ロールモデル

輩出プロジェクト」、日本人若者向けフィリピン留学事業「PALETTE SCHOOL」を運営。
フィリピン留学、海外インターンなど特に国際協力やソーシャルビジネス系キャリアを志望している方と年間100人くらいお会いしてます。
————————————————————

海外インターンを通して、検討している方にお会いする機会が多いのですが、

「自分にもできるんだろうか…」
「英語力ってどれくらい必要なの?」
「みんなどんな国に行ってどんなことしてるの?」
「帰国後、どんなキャリアを歩んでるの?」

といった疑問や不安があり、特に経験者の話を聞きたい!という方がとても多くいらっしゃいます。

そういった方へ、当ブログではフィリピンを中心に、東南アジアにおける海外インターン経験者へのインタビューをお届けしています。

今回は、AIESEC(アイセック)のプログラムを利用し、大学2年の夏にフィリピンで海外インターンシップに挑戦した、一橋大学4年生の細貝大揮(ほそがい たいき)さんにお話をお伺いしました。

 

 

自分を変えるため、全く新しい環境でのチャレンジ

-初めての海外でインターン!どうして参加することに?

「初めてなのによく行ったね!」と言われることが多いのですが、ぶっちゃけ内心、大いにビビってました笑
海外経験が本当にゼロで、、英語も話せるわけでは全くないですし。もともと度胸がある方では決してなく、自信があったわけでもありません。

 

でも、海外というか「全く新しい環境に身を置く」という経験をしないと、前に進めないという脅迫観念みたいなものがあって、それがビビりな僕を後押ししたんじゃないかと思います。

 

というのも、実は大学受験時、将来官僚になりたいという漠然とした夢があって、目指していた大学があったんです。
決して簡単ではなく、しっかり勉強した。受かる自信もあった。けど、あっさり落ちてしまって。

 

そこで自信喪失じゃないんですけど、熱さみたいなのが抜けてしまった。

 

更に、僕は周りとの関係性によって性格が決まるようなところがあって。
要するにキャラってあるじゃないですか。「細貝ってこうだよね!」っていう風に決まってくる。そうすると、とても居心地がいい。
今の細貝を認めてくれる人に囲まれているわけなので。

 

大学でもそういった環境の中、どんどんチャレンジングな自分というか、何かもっと自分の新しい部分に触れていく意欲というものが薄れていくのを感じて、もやっとした危機感を感じていました。

 

そんな時、「海外インターン」という選択肢をアイセックを通じて知って、「これだ!」と。

 

「これから長い人生の中で、自分らしく生きるってことを実現したい」と思っていた自分を思い出すことができ、海外インターンこそ、そういった人生に繋がる一歩になるんじゃないかと、そう思って参加することに決めました。

 

 

-海外といってもいろんな選択肢があったかと思います。フィリピンを選んだ理由は?

そもそも初海外なので想像もつかないし、これといった理由はなくって。
渡航費が安くて、日本とは違う生活環境で過ごせるなら良いな、くらいの漠然とした理由でした。

 

実際行ってみると、イメージをはるかに超える”違い”があって、びっくりしました。

 

まずマニラの交通状況がすごくて。うまく伝えられるかわかんないんですけど、とにかくカオスで(笑)
四六時中クラクションがわんわん飛び交ってるし、指示器なしでがんがん車線変更してくる。

 

ほかにも、飛行機から地上が見えたとき、「これが家!?」みたいな家がたくさん見えたのがショックでした。
首都なのにそういう家がこんなにあるのか、っていう。

 

本当に初めての海外で、現地で使えるスマホやsimカードの調達に、「お買い物」するだけでも一苦労で…。
インターンの活動に本格的に入る前に風邪をひいて体調を崩してしまったり。

 

インターンうんぬんの前に、まずはそういった「全然違う環境にどう馴染むか」が大変だった気がします。

 

「英語がもっと話せれば…」歯がゆい思いの連続だったプロジェクト

-インターンシップの活動内容はどういったものだったのでしょうか。

現地のアイセック・フィリピンが受け入れ機関となって、とある貧困地区の自治会に派遣される形で活動していました。

 

その自治会が抱えてる課題が、「子どもたちを学校に通わせる教育費を捻出できない」、だったんですね。
そのため原料を買ってきて石鹸を作って売るっていう個人商店レベルの小さなビジネスをやっていて、その収入向上がミッションでした。

 

一時的なものではなく彼ら自身が継続的にお金を稼いでいける仕組みを構築するということを目指し、ビジネスのやり方や、そもそも利益ってなに?というところからコンサルティングをして行きました。

 

ドイツ人2人、イラン人、ベトナム人と、僕という5人の多国籍チームで活動してました。

 

 

-インターンシップの成果はどうでしたか?

そもそもどんなことを成果として期待されていたかというと、はっきりとしたものはなくて、「利益をあげてください」ということしか受け入れ団体からは言われていませんでした。

 

そんな中、僕らのチームは利益をちゃんと計算するフォーマットみたいなものを作り、売り上げを前月と比べて1.5倍くらいになったっていうのが、成果として言えることです。

 

ただ、僕自身は成果に対する喜びよりも、とにかく「悔しさ」が残りました。

 

僕は海外は初めてですし、もちろん英語を話せるわけではない。
TOEICは勉強していたんですけど、ドイツ人とかフィリピン人はやっぱり英語がうまくて速いので聞き取れなくて。最初の2週間くらいは何もできずにいました。

 

会議でも、話を理解するのに精一杯でなかなか発言ができなかったり、自治体の人たちのヒアリングとかしてても、クセがあって聞き取りにくくって。
結局何に困ってるのか分からないため「こうしたら良い」とかも言えなくてもどかしいというか…「あ、これやべぇ」と思いましたね。

 

 

リーダーのドイツ人のかたがもうすぐ修士を取るっていうMBAホルダーで、すごく的確な意見を言う人だったんですね。
それに加えて、「主張しないってことは意見がない」っていう前提で進めてっちゃうタイプの人だったこともあり、チームとして全く機能していなかったんです。

 

イラン人の子も、ふわふわした女の子なんですけどプロジェクトへの関心が薄くって。
いつも「買い物行こうよみんな〜」みたいなことを言っちゃいけない場面で言っちゃう人で(笑)

 

ベトナムの子も、「本当は教育についてやりたかった。よくわからないビジネスのプロジェクトになっちゃって興味ない」といった感じでした。

 

そして僕は英語を理解しようとするので精一杯。チームとしては問題ありありというのは火を見るより明らか。

 

そういう状態に気づいていながら、僕の英語力では太刀打ちできなかった。書いて伝えるとかもやったんですけど、返ってきた言葉に英語で返せない。

 

悔しかったですね。英語ができないってだけで自分の考えも幼稚だって思われるのがすごく悔しくて。
「アイ ウォント ドゥー ディス」みたいなことしか言えないヤツみたいな(笑)

 

自分の身長が低いのもあって、ワガママ言ってる子どもみたいに扱われちゃって。
議論でも「君はもう、わかったわかった」みたいになって、悔しかったですね。

 

もし英語が話せたらもっと上手くできたんじゃないかという悔しさが残ります。
数値的な成果は出たのかもしれないけど、それはたまたま。良い評価は下せないなって思いますね。

 

今英語力に自信がないけど海外インターンに挑戦したい人には、【文系スキル0からの脱却】フィリピン留学×海外インターンがおすすめです。

 

フィリピン留学_海外インターン

 

「自分のやりたいことに素直になっていい」という発見

-インターンシップで最も大きな収穫は?

インターンを終えて帰国したとき、「なんだかんだ乗り切れるもんだな」 という、謎の自信が生まれていたことが一番の収穫だと思います(笑)

 

初めての海外で、英語も話せないし、知らないことも多い。出来ないことも多いし、悔しい思いもしました。
インターンでは上手くいかないことだらけで課題はたくさん残ったんですけど、事実として「なんとかやりきった!」という結果に対しては自信が生まれています。

 

無理だと思ってても、案外いけるんじゃね?的なマインドというか。けっこうこれが大事なことだと思ってて。
お伝えした通り、今まで周りを見て行動したりってことが多かったんですけど、帰国後は、その「謎の自信」が後押ししてくれたりとか。

 

周囲の友人の期待だったり、キャラ設定だったりに規定される行動ではなくて、自分自身がやりたいことに忠実になれたっていうのはすごく大きな成果でした。

 

 

-今後の展望を教えてください!

インターンを通して、数字を見ること、知識によって人を助けることだったり、自分とはまったく違う人と一緒に何かやるってことが好きだということに気づきました。
上手くできなかったのに、やりたいって思えてるってことは、相当やりたいことなんだと思うんですよね笑
お金が回るシステムを変えることで、組織を変えるみたいなことをやっていきたいと。お金の仕組みについてよく知らないで損をしている人をなんとかしたいと思うので。

 

帰国後、実際に財務諸表みたいなのを見れるようになりたいと思って、長期の国内インターンシップを始めました。M&A(企業の合併と買収)とかの調査を一部ではあるものの、任せてもらえたりしました。

 

就活でも、迷うこと、悩むことはたくさんありましたが、結局立ち返るべき軸があったことで、積極的に取り組むことができました。
結果、内定をいただいた会社(大手日系メーカー)では、海外子会社の財務担当みたいなキャリアパスも提示していただいていて、とてもワクワクしています。

 

今は、研究者とか技術者みたいな新しいものをつくる人たちがあまりお金をもらえていないっていうのを問題に感じています。
今後はそこの埋もれた技術をきちんと製品化してお金にしていくってことを経理財務の分野でやりたいです。

 

そのためにも、入社後まずは経理としてがっつり修行をして、実力面で自分の選択肢を広げていきたいですね。

 

 

-最後に、海外インターンを検討している方へメッセージをお願いします!

もし、迷っているなら、余計なことを考えないこと、直感を信じてほしいなと思います!

 

自戒を込めてなんですが、考えすぎるとどんどん挑戦しなくなってしまうので、最初に理由は分からなくても「行きたい」「挑戦したい」と思ったのなら、それらを信じていいと思います!

 

 

まとめ

1時間ほどお話した中での印象ですが、上手くいかなかったことを「出来なかった。悔しい。」と正直に言える素直さが、とても素敵な方でした。

 

海外インターンにしても、フィリピン留学にしても、その他どんなチャレンジにしても、「自分なんてこんなもんだ」と思える経験が、次の一歩を導いてくれるのかもしれないな、と思いました。

 

細貝さん、貴重なお話をどうもありがとうございました!

休学者に人気のプログラム

留学インターン

留学×キャリア支援