-すべての若者が自分の可能性を発揮出来るようサポートする国際協力NGO-

ロールモデル育成PROJECT

-すべての若者が、自分らしく。-

-ロールモデル育成PROJECTとは?-

「ロールモデルの育成を起点とし、すべての若者が夢や可能性に挑戦出来る仕組みの構築を目指す」PROJECTです。
現在、フィリピンの貧困層出身の若者を対象にスタートさせています。

Cam&Editing by YUKI KONDO

子ども若者の可能性が奪われている。


途上国では、その日を生きること、家族を守ることで精一杯で、
自分の夢や可能性にチャレンジすることさえ出来ない子どもや若者がたくさんいます。

貧富の差を生み続ける構造


めざましい経済発展を続けるフィリピンですが、他の途上国と同じように恩恵を受けているのは限られた層の人々だけ。依然3人に1人が貧困層と言われ、何世代も何世代も貧困が続いています。

高い失業率と不完全就業率


フィリピンでは、仕事を持つ人の50%以上がディーセントワーカーではありません(不完全就業者)。さらに、仕事がない人の50%以上が15〜24歳の若者です。

希望が生まれにくい


こういった環境の中、「貧しい家庭に生まれた。夢なんて、叶いっこない。」「自分も周りと同じ人生を歩むことになるんだ。」と自分らしく生きること、本当はやりたかったことを諦めてしまいます。

なぜこういった状況が生まれるのでしょうか?


PALETTEでは以下の2つが主な原因だと考えています。

スクリーンショット 2014-10-09 7_Fotor

1.ロールモデルの不在

1.ロールモデルの不在


自分の周囲に、一生懸命頑張って夢を叶えた”先輩”、
あるいはイキイキと輝いている”先輩”がいないため、
「自分が頑張ったって、努力したって無理だ。どうせ叶いっこない。」
と思ってしまう、希望を持ちにくい環境があります。

名称未設定_Fotor

2.出口のない教育

2.出口のない教育


経済が成長しても変わらない高い失業率、不完全就業者数が物語るように、
もし高等教育を終えることが出来たとしても、
希望の進路に進むことのできる人はほんの一握りです。
社会が必要とするスキルと教育とがミスマッチを起こしています。

どうやって解決する?

-次世代を照らす-

ロールモデル育成PROJECT


スクリーンショット 2014-10-09 10_Fotor

ロールモデルとなる先輩の輩出


「理不尽な環境下であっても、自分らしく働き、輝くことが出来る。」この証明となる”先輩”を輩出することが第一のステップです。次世代の若者に「自分にも出来るかも!」「自分もあんな風になりたい!」という希望、意欲を引出します。

ディーセントワークに就くための実践的なジョブトレーニング


努力や希望が、より確実に実るよう、社会に必要とされている実践的なスキル[Skill]、自立して歩んでいくためのマインドスキル[Will]を身に付けるジョブトレーニングを行っています。

PROJECTの現在

スクリーンショット 2014-11-11 16.25.11

まずは「英語教師編」を通して証明する。


ファーストステップとなるロールモデルの輩出を、「英語教師になるためのジョブトレーニング」を通し挑戦しています。

厳しい合格基準を突破し、卒業することが出来れば、PALETTE SCHOOLをはじめとした語学学校やオンライン英会話会社で働くことが出来ます。

スクリーンショット 2014-11-11 16.24.36

第一期生2名が卒業し、プロとして働いています。


卒業生の1人には、悪名高いスモーキーマウンテン出身の子です。
もう1人もマニラのスラムで生まれ育った子です。2人とも高卒です。

そういった環境を乗り越え、厳しいトレーニングを突破し、今ではとても評判の良い英語教師として元気に働いています。

PROJECTのこれから -5つのSTEP-


1.より多くの先輩の輩出

1人よりも100人、100人よりも1000人の”先輩”を輩出し、次世代への希望の強さを高める必要があります。

 

2.多種にわたるジョブトレーニングの選択肢

「英語教師」だけではなく、もっとたくさんの選択肢を提示します。
具体的な候補としては、ITエンジニア、美容師、コールセンターエージェントなどが挙げられます。

 

3.各カウンターパートナーとの連携

PALETTEだけで、この仕組みを構築出来るとは思っていません。
同じゴールを描く、同じビジョンを願う団体と協力体制を整えて行きます。

 

4.現地メディアを通じて、インフラ化

このモデルが出来次第、メディアを通じてより多くの人にPALETTEのサービスを利用してもらえるようにします。

 

5.フィリピンから世界へ

フィリピンで、ある一定の成果を得た後、似た課題を持つ国へ横展開していきます。もちろん、日本もその候補として挙げられます。

みなさまへのお願い。

よりたくさんの若者に自分らしく輝くチャンスを提供するには、皆さんのサポートが必要です。

PALETTEと一緒に挑戦・ご支援いただけませんか?

PALETTEの活動レポートはこちらから。

公式facebookページ


随時、最新情報をお届けします。

SEKATOBI パレットストーリー


webマガジン「SEKATOBI」内、パレットストーリーのページから、ロールモデル育成PROJECTの活動レポートを更新しています。
更新情報は公式facebookページからも確認出来ます。

スクリーンショット 2014-11-07 18_Fotor